Alexa Day 2019 Conference Brand Design

Credit

Client
AAJUG(Amazon Alexa Japan User Group)
Type of Business
User Community / Conference
Role
  • Brand Design
  • Creative Direction
  • Graphic Design
  • Photograph
  • Web Design
  • Web Development

Overview

進化を遂げたAlexaと、その最新技術をビジュアルで表現

スマートスピーカー「Amazon Echo」のクラウドベースの人工知能音声認識サービス、Alexa。その最新情報や技術を学ぶイベント「Alexa Day2019」のウェブサイトを、2018に続き制作しました。2019のスローガン『Shift to Voice First!』をイメージし、より進化したAlexaのようにサイトデザインにも進化や変化を取り入れています。





Black#0F0F1415/15/20
Blue#0573F25/115/242
Purple#6B76FF107/118/225
Light blue#00FFFF0/255/255

Client

AAJUG(Amazon Alexa Japan User Group)

Team

Creative Direction

Fumito Abe

Design

Seina Kon / Fumito Abe

Writing / Photo

Hitomi Natsui

Development

Fumito Abe

Contact

お仕事のご依頼は、お問い合わせからご連絡ください。

Share

Design

Shift to Voice First!

2019年のスローガン「Shift to Voice First!」をもとに、デザインコンセプトを洗い出していきました。2018年のAlexa Day 2018は音声アシスタントのはじまりの年でしたが、2019年はさらに進化したAlexaを表現しようと考え、ユーザーの声が音楽や映像へとどんどん変化していくさまをデザインに落とし込みました。

Main Visual

Alexaのリングを中心に、
声や映像が勢いよく重なる様子をデザイン

Alexaの円に映像や音が重なっていく様子、Shift感を、斜めのラインや飛沫のオブジェクトで表現。ユーザーの声や音をAlexaがテキストとして読み取って解析し、Echo Showなどに表示する一連の流れをデザインに落とし込みました。斜めのラインにはドットパターンをサイズ違いで加え、透過させるもの・させないもので前後の立体感を出しています。

Web Design

イベントへの期待感が高まるサイトデザインに

昨年制作したサイトをなるべく活かしながら、テキストやカードレイアウトをより見やすく読みやすいデザインに改善。さらにメインビジュアルのインパクトあるイメージに合わせた調整をおこない、イベント当日が楽しみになるようなサイトを目指しました。

Web Development

昨年実装したサイトを、より使いやすく改善

Alexa Day 2018のサイトをベースに大きな変更は加えず、文字間、行間の調整、線やボタンの丸め具合を実装で微調整しました。スマートフォンのメニュー画面は2018では文字が小さく押しづらかったため、文字サイズ・文字間・ボタンサイズを調整するなど、細かい部分の見直し・改善を加えました。

Typeface

どの媒体でも読みやすいことを意識

日本語フォントは「たづがね角ゴシック」を採用。伝統的なゴシック体の要素がありながら手書きに近いフォルムに整えられ、セッション概要やタイムテーブルなど、文章の多い箇所でも違和感なく自然に読むことが可能です。英語フォントには「DIN Next」を使用し、今年のグラフィックと合うよう細めの斜体Ligut Italicを選びました。

Color

AlexaのShift感が伝わるネオンカラー

Alexa端末の黒、リングのブルーをベースに、飛沫や音の粒、ユーザーの声をブルーやライトブルー、紫などのネオンカラーで表現。さらに、それぞれのカラーをグラデーションにすることで立体感や勢いを出しています。

Leaflet & Stand Banner Design

スタンドバナーとリーフレットデザインも担当

会場入り口に飾るスタンドバナーと、当日参加者に配布するリーフレットを制作しました。スタンドバナーは会場の目印にもなるため、ウェブサイトのメインビジュアルを大きく使用したインパクトあるデザインにしました。リーフレットにはフロアマップとタイムスケジュール、サポーターを掲載。ウェブサイトから当日のツールまで、統一感のあるデザインでまとめています。

necco Corporate Character HakonecoDOWNLOAD

necco Corporate Character HakonecoCONTACT