夏井 ひとみ
夏井 ひとみ

necco note

音声メモやインタビュー録音に便利!音声データのAI自動文字起こしサービス「CLOVA Note」を使ってみました。

  • Contents Design

こんにちは、エディターの夏井です。インタビュー記事を執筆する際、みなさんはどうやって文字おこしをしていますか?

ICレコーダーやスマホなどでインタビュー音声を録音して、後日それを再生しながら自分で文字おこしをしている人が多いのではないでしょうか。

そんな文字おこしの手間が省ける(かもしれない!?)サービスが登場したと聞いて、早速使ってみました。LINE社の「CLOVA Note」です。

きっかけ

あるお仕事で、インタビュー音声から原稿を執筆する機会がありました。そのときにエンジニアの佐藤さんが「これ使ってみたいですね」と紹介してくれたのが、「CLOVA Note」です。

2〜3年前、他の音声自動文字おこしサービスを使ったことがあったのですが、そのときはうまく文字変換されず、複数人での会話が混在していました。それ以来、自動文字おこし系のサービスは使わず、自分で音声を聞きながら地道にテキストを打ち込んでいたのです。

そして現在、2022年。 AIは私の想像をはるかに超えてきました。

結論から言うと、「CLOVA Note」すごいです…!!

これがあれば、世のライターのみなさんは執筆がラクになるかもしれません!そこで、実際に使った感想やよかった点、また「惜しい!」と思った点も少しだけありましたので紹介していきます。

CLOVA Noteとは

まずはCLOVA Noteの特徴を紹介します。公式サイトから抜粋したものがこちらです。

CLOVA Noteは、AI技術を活用した音声記録管理サービスです。
会話内容を覚えなければならない小規模会議、後で確認が必要なクライアントとのミーティング、全部書き取りできないインタビュー時などにCLOVA Noteをご利用ください。
聞き直しできずに整理できなかった録音が自動でテキストに変換され、必要な情報をすぐ検索して聞くことができます。

CLOVA Note 公式サイトより引用

LINE社のサービスだけあって、スマートフォンアプリとPC、どちらでも使えるようです。
簡単な特徴をまとめると、下記のようになります。

  • LINEアカウントでログインできる
  • スマートフォンアプリ(以下「アプリ」)で音声を録音でき、文字おこしまでやってくれる
  • オープンベータ期間中は毎月300分の利用期間が提供され、無料で利用できる。(月間利用時間を使い切っても、アプリなら使い放題)
  • アプリでの録音は一度に最長180分まで可能
  • ICレコーダーなど、アプリ以外の録音機器で録音したファイルもアップロード可能(m4a、mp3、aac、wav、amr)

いかがでしょうか? これ、とっっても便利ですよね。

LINEアカウントでログインでき、すぐに使えるというのは大変うれしいです。また、アプリで直接録音するだけでなく、ICレコーダーで録音したデータをアップロードできます。スマホの充電が少ない場合でも安心して使えますね。

使ってみました

まずは使ってみましょう。
ICレコーダーで録音したインタビュー音声をCLOVA Noteに取り込んでみました。

1.音声ファイル をアップロードする

左上の「新しいノートを作成」をクリックするとこちらの画面になりますので、音声ファイルをアップロードします。音声ファイルの長さは一度に最大180分まで、データ容量は300MBまで対応しているようです。

アップロード後、左側のメニューから「すべてのノート」をクリックすると、一覧画面が表示されます。この中から編集したいデータを選択します。

2.自動変換されたテキストを確認・修正する

ファイルを開くと、下の画像のような表示になります。会話が自動で文字変換され、話者も識別されています。すごい!

音声が会話ごとに区切られているので、任意のセクションだけを聞き直すことができます。自動変換されたテキストは、CLOVA Note上で直接編集することも可能です。

3点リーダーをクリックすると、ハイライトの追加、メモの追加、ブックマークの追加などができます。

重要な箇所はブックマークをすると便利です。ブックマークすると下のバーにNマークがつきます。Nマークをクリックすれば、いつでもそのセクションだけを選択して聞き直すことができます。

ハイライトすると下の画像のように文字にマーカーがつきます。

音声を聞きながら、メモをとることもできます。メモは右側に表示されます。

3.音声記録をダウンロードする

音声記録(テキスト)のダウンロードはもちろん、メモのダウンロードなども可能です。

感想まとめ

良かった点

文字変換の精度が上がっていることはもちろんですが、会話が区切られていて、いつでもその部分だけ聞き直せて、テキストの編集もできる。とにかく便利で賢くて感動しました。

  • 録音検索ができる。メモやブックマークしておくと、目当ての会話を探せる
  • 任意の部分だけを再生しながら編集できる(この機能がとても便利だと感じました)
  • 複数名で話した場合は、話者を識別してくれる
  • メモや音声記録のテキストをダウンロードできる

惜しかった点

大きな不満はないのですが、少しだけ気になった点もあったので、下記にまとめておきます。

  • 使用途中にログアウトすることが何度かありました。音声を聞いている途中でも起こったので、少し前から聞き直すことになり困ってしまいました。こちらはアップデートでの改善を期待します。(すでに改善済みでしたらすみません!)
  • オンライン作業なので仕方がないのですが、テキストの修正やメモを取る際、文字の変換や反映に若干の遅延がありました。(通信環境やPCの状態が影響しているかもしれません)

さいごに

会話の内容と話者を高い精度で認識し、テキストの編集や長時間の録音にも対応するCLOVA Note。

インタビュー録音以外にも、アイデア出しミーティングのとき、会議の議事録をとりたいとき、外出先でメモを取りたいけれどスマホにメモする余裕がなかったとき…などなど、さまざまなシーンで活用できそうです。

私は入浴中や料理中にアイデアが浮かぶことが多いので、今度からはCLOVA Noteで音声メモを取ろうと思います!

お仕事ご依頼・採用募集

📮 お仕事のご依頼やご相談、お待ちしております。

お仕事のご依頼やご相談は、お問い合わせフォームからお願いいたします。

お問い合わせ

🤝 一緒に働きませんか?

neccoでは、以下の職種を募集しております。弊社の実績などに共感し、より良いデザイン、言葉、エンジニアリングをチームで追求していける方、お待ちしております!

  • リード・フロントエンドエンジニア
  • アシスタント・フロントエンドエンジニア
  • エディター・ライター

採用情報を見る

(2022年12月時点)

夏井 ひとみ

夏井 ひとみ

Hitomi Natsui

宮城県生まれ。 東北学院大学を卒業後、仙台の広告代理店にて週刊フリーペーパーの取材・編集・ライティング、企業のイベント企画・プロモーション提案などに従事。その後、住宅会社の広報スタッフを経て2014年に秋田県へ。ウェブサイト、パンフレット、商品パッケージデザインなど、さまざまな制作物におけるディレクション・編集・取材・ライティングを幅広く経験。 2017年よりneccoに参画。好きなものはガンダム、花、鳥、歌うこと。写真撮影が趣味で、「こけしと自然」がテーマの写真展を青森と宮城で開催した。似ているキャラクターはニコロビン、メーテル、エボシ御前。こけしにも似ている。

SHARE

TwitterFacebook

Other Posts

necco note

デザイン制作会社neccoがFigmaの書籍を共同執筆〜出版するまでの10ヶ月の記録